とにかく、
品質に自信があります。

セカンドプレスが選ばれる理由として、最も多いのが高品質であるということ。他社をお試しになって品質・サービスにご満足頂けなかったお客様にこそセカンドプレスをご利用頂きたいと私達は考えます。

セカンドプレスはサビにくい。
すべての製品に「防錆処理」

JIS-Z1535:2014の試験に合格した気化型含浸防錆剤を使用し
金属製パーツに防錆効果の高い皮膜を形成しています。
従来の缶バッジよりも防錆性が非常に高くなりました。

※完全な防錆を保証するものではございません。

セカンドプレスでは金属が腐食しはじめる臨界湿度(65%RH)を超えないように常時モニタリング管理しています。
配送中の湿度にも万全を期すため、商品と一緒にシリカゲル乾燥剤を同梱しています。

精密な均等
加圧で側面
も美しく。

セカンドプレスの缶バッチの側面の画像。従来の物に比べなめらかでシワが目立ちません。

従来の缶バッジは製造過程でできる側面部分のシワが目立ち、受け取った人にチープな印象を与えるアイテムでした。

セカンドプレスではミクロン単位で調整を行い円周の全ての位置に同じ圧力をかけ、シワの目立たないも滑らかで美しい缶バッジを実現しています。

セカンドプレスなら安全もプラス。
セーフ・フックピン。

安全ピンとは違い、缶バッジの内部でZ形に曲がっています。 負荷が加わった時に壊れにくく、上手く分散される様に設計されています。
現在、世界で最も普及しているピンで、引っ張る力に強いと評判ですが垂直方向の振動により外れやすいという唯一の欠点がありました。 セカンドプレスでは皆様に、より安全に、ご安心して使用頂けるために全てのピンを外れにくい形状に一つ一つ加工して弱点を解消しています。
缶バッチのフックピンの画像。左側が従来のもの。右側がセカンドプレスのもの。セカンドプレスのフックピンは外れにくいように加工されていることが分かります。

耐光性・耐オゾン性・耐湿性の高いカラーインクとペーパーのみを使用しており、高解像度で鮮やかな発色と長持ちを最適なバランスで両立を実現しています。

しかも長持ち、高耐候。

セカンドプレスでは低品質な紙・インクを使用しません。

粗悪な原料で作った製品では安価とはいえ発色や耐候性に難があり趣味はもちろんビジネスでの使用には堪えないと考えるからです。

退色や防錆性能を保証するものではございません。
製品の保管方法については以下のページで紹介しています。

取り扱い・保管方法

アイデア広がる、パッケージサービス。

OPPは40μmの高硬度極厚仕様。ひっぱり・折れ曲がりにも強く高級感があります。
各サイズにマッチするように個別のOPPを用意しています。
台紙包装は両面オリジナル印刷が可能。商品の完成度が格段にアップします。
1つ1つラッピングした状態でお届けするので届いた日にすぐ使うことができます。
個別包装は全サイズ対応。複数個包装・台紙包装は44mm以下に対応しています。