デザインデータのつくりかた。

立体物である缶バッジのデザインは少しだけ特殊です。だけど心配ありません。このページでは気をつけるべき点から、ちょっとしたテクニックまで、初めての人でもチャレンジできるようにご紹介します。 画像が1枚あれば缶バッジがつくれる! かんたん画像入稿

Adobe Photoshopでの作成方法

CC

対応

  • 缶バッチデザインデータのフォトショップでのデータ入稿ステップ1

    テンプレートのダウンロードと使用準備

    セカンドプレス®専用テンプレートをダウンロードして展開します。
    フォルダの中には缶バッジの各サイズごとにPSDファイルがあります。
  • 缶バッチデザインデータのフォトショップでのデータ入稿ステップ2

    デザインの配置

    「まきしろについて」と「データ作成上の注意点」そして下の「不具合が出やすいデザイン」を参考にして作りたいサイズのテンプレートにデザインを配置します。
  • 缶バッチデザインデータのフォトショップでのデータ入稿ステップ3

    デザインの保存

    デザインが完成したら「別名で保存」でPhotoshop形式を選択してデザイン名をつければデザインデータの完成です。

    あとはオーダーフォームでアップロードするだけ!

入稿に必要なファイル

ひとつの缶バッチ用デザインにつきひとつのPSDファイルを用意してください。
1デザインにつき、1つのPSDファイルが必要です。
ファイル名には半角英数字のみを使用して下さい。

複数のデザインで作るとき

ひとつのPSDファイルに複数の缶バッチデザインを含まないで下さい。
PSDファイルは必ず別ファイルに分けて
頂く必要があります。
1つのファイルに1つのデザインを配置して下さい。
  • データ作成上の注意点

  • テキストはラスタライズしてください。

  • まきしろ部分を意識してデザインを
    行ってください。

  • ファイル形式は.psd
    ファイル名は半角英数字を使用してください。

  • 解像度は350ppi以上を推奨します。

  • クリッピングパスは使用しないでください。

  • 画像はリンク配置しないでください。
    すべて『埋め込み配置』してください。

  • 必ずセカンドプレス®公式の
    テンプレートを使用してください。

  • セカンドプレスではデータチェックやプリント処理を自動化している為、自動判別できるもの以外は確認できません。

    また、これらに起因する印刷不具合につきましては品質保証規定外です。
    デザインデータ作成の際は十分にご確認ください。

    • テキストはラスタライズしてください。
    • まきしろ部分を意識してデザインを
      行ってください。
    • ファイル形式は.psd
      ファイル名は半角英数字を使用してください。
    • ラスタ画像の解像度は350ppi以上を推奨します。
    • クリッピングパスは使用しないでください。
    • 必ずセカンドプレス®公式の
      テンプレートを使用してください。
  • テキストオブジェクトはすべてラスタライズ(画像化)してください。
    入稿する缶バッチデザインデータのテキストは必ずラスタライズしてください。 テキストレイヤーはのアイコンが表示されます。
    このままだと印刷することができません。
    このレイヤーを右クリックしてコンテクストメニューより
    「テキストのラスタライズ」を実行してください。
  • 缶バッジを正面から見たときにロゴなどの重要な情報が見切れてしまう場合があります。
    この赤い部分です 缶バッチのデータを作成する際はまきしろ部分を意識してデザインをおこなってください。
    缶バッチのテンプレートについての説明画像です。テンプレートの同心二重円の内、外側が裁断ライン、内側が缶バッジの直径サイズを表すラインです。

    左の同心二重円が缶バッジのトンボ(トリムマーク)です。
    外側が裁断ライン、内側が缶バッジの直径サイズを表すラインです。
    その2つのトリムマークの間の部分が
    「まきしろ」の範囲に相当します。

    まきしろに背景色を塗り足さなかった場合、側面に白色が露出します。
    セカンドプレスではデザインの内容を確認していません、ご注意ください。

  • 缶バッチのデザインデータはPSD形式で保存してください。 ファイル形式はPhotoshopを選択してください。
    ファイル名は半角英数字のみを使用してください。
  • セカンドプレスのテンプレートでは
    ドキュメントの解像度が350ppiに設定されています。
    缶バッチのデザインデータに使用する350ppi以上を推奨します。
    配置するデザイン、写真画像などを等倍以上に拡大すると
    モニタ上では綺麗に見えていても
    印刷すると粗くなる場合があります。
    なるべく解像度が高い素材を使用頂くことを推奨します。
  • 缶バッチのデザインデータにはクリッピングパスを使用しないでください。

    クリッピングパスを使用すると
    予期しない印刷トラブルが起こる恐れがあります。

    パス情報は右クリックのコンテクストメニューより
    「パスを削除」を実行してください。

  • セカンドプレスでは印刷工程を機械化しており、
    アートボード情報とメタ情報に基づきデータの正確性を判別し、予期せぬ不具合を防止しています。

    25mmのテンプレートで32mmの缶バッジは作れません。
    かならずサイズに合ったテンプレートを使用してください。

    また、セカンドプレスではプログラムによりデータチェックや印刷を自動処理しています。
    他社製や自作、または改変されたテンプレートは使用できません。

もどる

なるべく避けたほうがよい
不具合が出やすいデザイン

困ったことに印刷機はカンペキではありません。
印刷業界では通常、印刷方式やその特性に合わせてデータを作りますが
その際の知識やテクニックのほとんどはビギナーの方には馴染みがありません。
ここでは初めて方でも安心してご利用頂けるように押さえておきたいポイントをご紹介します。
  • 小さすぎる文字や細い線

  • 色転びしやすい淡い色

  • 裁断誤差が目立つレイアウト

  • モアレが出やすいパターン

  • 缶バッチデザインを作成するときに、なるべく避けたほうがよい、小さすぎる文字や細い線の説明画像

    3pt程度の小さい文字や細かい線などは外側の色に押され
    モニタ上より細くなったり不鮮明になることがあります。
    太らせたり大きくすることで回避することができます。

    極端に細い線はモニタ上で擬似的に表示されていても
    実際は印刷されないことがあります。
    イラストレータでのヘアライン(塗りだけの線)も同様です。
    また透明情報を含む線は正しく印刷されない場合があります。

  • 缶バッチデザインを作成するときに、なるべく避けたほうがよい、色転びしやすい淡い色の説明画像

    インクの濃度と実際の見え方としての濃度がリニアな関係ではない事と、
    各インキの物理特性の違いなどに影響され赤みがかったり青みがかった
    り予期せぬ色に仕上がる事が稀にあります。このような現象を印刷業界
    では「色転び」といいます。

    特に淡いグレーやCMYそれぞれの値が近い色はいずれかの色に転びやすく
    個体差が生じる可能性がございますのでご注意下さい。

  • 缶バッチデザインを作成するときに、なるべく避けたほうがよい、裁断誤差が目立つレイアウトの説明画像

    通常印刷業界では最大3mm程度の裁断ズレが発生するため
    裁断位置周囲には文字を置かないなどの工夫して
    ズレを目立たなくするのが一般的です。

    しかし非常に小さい印刷物である缶バッジでは3mmのズレは目立つため
    セカンドプレスでは0.9mm超のズレが生じた製品を全破棄しています。
    また、外周近くに円があるデザインは0.9mm以内のズレでも
    多少目立ちやすいためなるべく避け少し大きめに余白をとると良いでしょう。

  • 缶バッチデザインを作成するときに、なるべく避けたほうがよい、モアレが出やすいパターンの説明画像

    漫画で使われるスクリーントーンのような規則的な細かい模様はモアレ(干渉縞)の原因となることがあります。

    モニタ上では単一のパターンで構成されているデザインも、ソフトウェアやプリンタによるデータ解釈を経て物理的な印刷物となると、そこには複数の規則が発生してしまい干渉を起こすからです。

    このように、網点を使用した階調表現・中間色表現はモアレの原因となり、グレースケールにより引き起こされる「色転び」以上に思わしくない印刷結果をもたらすケースが多いため、セカンドプレスでは非推奨としております。

こちらの情報もご活用ください。