デザインデータの
つくりかた。

立体物である缶バッジのデザインは少しだけ特殊です。だけど心配ありません。このページでは気をつけるべき点から、ちょっとしたテクニックまで、初めての人でもチャレンジできるようにご紹介します。 画像が1枚あれば缶バッジがつくれる! かんたん画像入稿

Photoshopでのつくりかた

まずはテンプレートのダウンロード!

セカンドプレス®専用テンプレートをダウンロードして展開します。
フォルダの中には缶バッジの各サイズごとにPSDファイルがあります。
対応アプリケーション Adobe PhotoShop
CELSYS CLIP STUDIO PAINT
SYSTEMAX SAI

デザインの配置

下の「不具合が出やすいデザイン」を参考にして
作りたいサイズのテンプレートにデザインを配置します。
缶バッジのまきしろを示した画像です。缶バッジの曲面にあたる部分がまきしろです。

円形缶バッジのテンプレートを開くと、このような二重マルが表示されます。
これは缶バッジのガイド線です。

外側が裁断ライン、内側が缶バッジの直径サイズ、正面から見える範囲を表すラインです。

つまり、見せたい絵柄やテキストは内側の円に収めればOK!

データと完成品の例

テキストやキャラクター等を内側のラインまでに抑えて
側面部分に背景を塗り足すのが最もポピュラーなレイアウト方法です。
缶バッジデザインと、完成した缶バッジの例、1枚目です。
缶バッジデザインと、完成した缶バッジの例、2枚目です。
缶バッジデザインと、完成した缶バッジの例、3枚目です。
缶バッジデザインと、完成した缶バッジの例、4枚目です。
缶バッジデザインと、完成した缶バッジの例、5枚目です。
保存すれば完了です!
さっそく缶バッジをオーダーしましょう。
オーダーする
アカウントを持ってない場合は アカウントの作成

入稿に必要なファイル

ひとつの缶バッジ用デザインにつきひとつのファイルを用意してください。
1デザインにつき、1つのPSDファイルが必要です。

複数のデザインで作るとき

ひとつのファイルに複数の缶バッジデザインを含まないで下さい。
必ず別ファイルに分けていただく必要があります。
1つのファイルに1つのデザインを配置して下さい。

かならず公式テンプレートを使用して下さい。

セカンドプレスではプログラムによりデータチェックや印刷を自動処理しています。
他社製や自作、または改変されたテンプレートは使用できません。
ドキュメントの画像解像度・カンバスサイズに関する設定は変更しないでください。

ガイドレイヤーに関するご注意

缶バッジのガイド線はテンプレート内の『ガイドレイヤー』に配置しています。
ガイドレイヤーを他のレイヤーと統合するとガイド線が缶バッジに印刷されてしまいますのでご注意ください。
また、ガイドレイヤーは印刷時、削除されるので、ガイドレイヤー内にデザイン配置しないようにご注意ください。

塗りつぶしツールなどをつかう場合など、ガイド線が邪魔をして正しく塗りつぶせない場合があります。
作業の最後にガイドレイヤーを非表示にしてデザインをチェックしてください。

なるべく避けたほうがいい
不具合の出やすいデザイン

困ったことに印刷機はカンペキではありません。
印刷業界では印刷方式やその特性に合わせてデータを作りますが
その際の知識やテクニックのほとんどはビギナーの方には馴染みがありません。
ここでは初めて方でも安心してご利用頂けるように押さえておきたいポイントをご紹介します。

小さすぎる文字や線

色転びしやすい淡い色

裁断誤差が目立ちやすいデザイン

モアレが出やすい細かいパターン

こちらの情報もご活用ください